ヤフオクで津軽三味線を探すのをあきらめた話

三味線が欲しい。
カネなしの初心者にはレンタルで十分だとわかっちゃいるけど、やっぱり自分の三味線が欲しい。

40過ぎてから三味線を始めた私だから、プロになることも無ければ人前で弾く機会もない。
それならば花梨の練習用延べ竿・人口皮の安いヤツで十分なはずなのに、

演奏用のカッコいいヤツが欲しいんじゃよ。
(/ω\)いくつになっても見栄っ張りなアタクシ

三味線教室で「三味線はピンからキリまで値段があるんですね」と、先生のお弟子さんに話したら、「先生の(三味線)は100万以上する三味線で、私は中古で30万円ほどでした」とお弟子さんが教えてくれました。

(  Д )  ゚ ゚ 
目が飛び出たわよ

確かに、先生の三味線は棹に黒檀が貼ってあってとても重そうだけれど音も最高です。

ただ、
そんなに高いのは要らないわよね (/ω\)

お弟子さんのおっしゃった「30万円ほど」という金額は、三味線素人の私でもおカネをなんとかひねり出せる絶妙の値段である。

三味線も値段はピンからキリまであって、新品でそれなりの三味線を買うなら「30万円から」なのよね。同じ三味線教室の男性は35万円で綺麗な紅木の三味線を買ってきた。

ギターじゃないのよ三味線は 津軽三味線
長年ギターに親しんでいる方は撥をギターのピックのように持って、ギターの要領で弦を弾いてしまうらしい。

30万円以上の三味線なら綾杉胴だろうし、素人目でも練習用の花梨の三味線とは一目瞭然の違いがある。

一方、お弟子さんは中古の三味線である。
中古の「30万円から」なら、綾杉胴に加え三味線に金が仕込んであるものを選んだに違いない。新品で買えば50万~60万円ほどすると思われる。
古い紅木は黒くなるので棹は真っ黒だが、手入れが行き届いていて大変美しい佇まいである。

ああ、どちらの三味線も素敵だわね。
私はひたすら羨ましく眺めるだけである。

新品の三味線といったって、一度でも使ってしまえば中古である。
ならば最初から中古でも筋の良い三味線を買ったほうが良いんじゃないか。腕の立つ職人が手を入れた三味線なら音もいいだろうし、手放すときもそれなりの値段で引き取ってもらえるだろうし。

いやいや、やっぱり新品には新品の良さがある。
ほれ、見てごらん、紅木の赤い棹の美しいこと。一生に一度しか買うことのないであろう三味線なんだから、新品で買ったらいいじゃないか。

私の頭の中では、こんなやりとりが日々くり返されているのよ。
ちなみにカネはない。(/ω\)貧乏って哀しいね

素人が楽器を手軽・安価に手に入れたいならヤフオクやメルカリを利用するのもいいのかもしれない。
そう思って私は毎日ヤフオクやメルカリを覗いてみたんだけど、ネット画像を通した三味線の良し悪しは素人にはまずわからないものである。

確かにそれなりの値段で手に入るが、手入れ(修理)が必要な物も多いよね。
この「手入れ」も皮の張替え程度ならいいんだけど、正直「この三味線は素人が手をだしたらマズいヤツや」というものもよく見かける。

画像ではわかりづらいが「状態が悪いもの」というのは、どこにでも存在するらしい。

そういうモノは見える人には見えるらしく、ヤフオクでそのような「ワケあり」が出品されると値段がさほど上がらないまま競り落とされていく。
普段から三味線を扱っているプロなら「良し悪し」は一目瞭然なんだろうが、経験のない私にはとても難しい。

私は副業でアンティーク関係の仕事をしているので、そういう「プロでなければ良し悪しがわからない分野」に手を出してはいけないということを知っている。

結局、3か月近く毎日ネットに出品され落札され続ける中古三味線を眺めて、私が出した結論は「筋の良いモノが欲しいなら、素性のわからないものに『鼻のきかない』素人(私)が手を出すものじゃない」ということだった。

ただ、ヤフオクに張り付いた成果はあった。
( ゚Д゚)どうも、ヤフオクで出品される三味線を扱っている業者さんは古美術商が多いわね。

古美術商は顔が広い。
本当に値打ちのあるものはヤフオクなどでオークションにかけるまでもなく、とっくに見る目のある上客に持って行ってるはずなのですね。

ということは、古美術商がオークションに出品する三味線はその残り、ということになるかも。

以上、四門でした。