その形、変幻自在。風呂敷の魅力

綺麗な柄の風呂敷を見ると、ついつい買ってしまう。
風呂敷はモダンかつレトロな和柄が多いので、見ていて楽しい私です。

そこまで高価なものでもないので気軽に集められることと、たたんで仕舞うので何枚あってもかさばらない、といった点でもコレクションしやすい和のアイテムです。

風呂敷といっても、ハンカチサイズから大きなサイズまで大きさは様々。
でも、形は全部一緒。そう、風呂敷は正方形の布なんですよね。
この正方形の布が変幻自在に形を変えて、荷物を包んだり、バッグになったりします。

この、荷物の包み方も荷物によって異なって、花のような形をした美しい「変わり結び」もあったりなんかするのが風呂敷の深いところ。
ただの四角い布といえど、そこには日本の美しい文化が息づいているのですね。

今日は風呂敷の魅力について書いてみようと思います。




その形、変幻自在。風呂敷の魅力

『風呂敷って今どき何に使うの? っていうかバッグがあれば十分よね。』
そんなふうに思う方も多いかと思いますが、風呂敷は一度使うとその便利さに驚きます。

まずは贈答用のギフトを包んで持って行く、というのが風呂敷の定番スタイル。
紙袋と違って音がしないので、スマートに中身を出して贈れます。そんなときも無表情な紙袋より、素敵な風呂敷だったら、「あら、その風呂敷、綺麗ね。」と相手の方も気持ちが和みますね。

私は旅先に持って行く、服・下着類も風呂敷で包んでしまいます。服がかさばっても、包む物が増えても大丈夫。袋には入りきらない荷物でも、風呂敷なら「包む」だけだから簡単なんです。
一方で袋には形がありますから、入れる量も大きさも限られています。パンパンに詰め込まなければいけませんね。

さらには「浴衣用バッグにする」なんて方もいらっしゃるようです。

変わり結びでバッグの形にしてもちあるけますから、夏しか使わない浴衣用のバッグにもピッタリですね。ほどけばたたんで仕舞えるので場所もとりません。

また、手お持ちの風呂敷があるなら、以下のような便利グッズを使ってバッグにするのもお薦めです。

風呂敷を、この「ふろしきパッチン」の穴に通すだけで難しい結び方も一切不要。

ふろしきパッチンには磁石が付いているのでパチンと閉じることができ、中の物が落ちやすい、中の物が見えてしまうといった心配もありません。

今は便利なアイテムが充実していますね (ΦωΦ)
いかがでしょう、風呂敷って便利だなって思いませんか?
結び方次第で、荷物を入れるバッグにも、贈り物を包む包装紙にもなる不思議な四角い布。それが風呂敷なんです。

ポリエステル製の風呂敷

風呂敷って、いつの頃からかポリエステル製の風呂敷も増えてきました。
ポリエステル製は軽い・シワになりにくい・価格が安い等、気を使うことがないので、普段使いにピッタリです。

お値段も安いので、気軽にラッピング材として贈り物を包んでそのまま贈ることもできます。

※上記画像の風呂敷は同柄でサイズも各種揃っています

お祝いのお酒のボトルも、こんなふうにラッピングすれば、さらに特別感が増して喜んでもらえそうですね。
※こちらの花結びについては、お店のサイトにて結び方を公開しています。画像をクリックして下にスクロールしていくと「ふろしきの結び方」がありますから参考にしてくださいね。

ポリエステルは安っぽい?

「ポリエステルは安っぽい」と思われがちですが、では綿素材なら安っぽくないのかといえば、それはNOです。

例えば上記記載のボトルを包んだ花結びは、ふんわりするポリエステル素材だからこそ綺麗に結べる飾り結び。素材はシーンによって使い分ければいいのです。

人の感じ方次第ですが、すぐにシワがつく綿の風呂敷に比べ、ポリエステルのほうがアイロンがけの手間も無く、色褪せる心配もなく、いつもキレイに使えます。

レーヨン素材の風呂敷

縮緬系の風呂敷は、レーヨン製が多いと思います。
発色が良く、プリントが美しく映え、シルクに近いやわらかな質感が特徴です。

まるで着物のような美しい柄で目を楽しませてくれるのがレーヨン素材の風呂敷。

※上記画像の風呂敷は同柄でサイズも各種揃っています

パッと見て華やかな縮緬柄の風呂敷は、若い方が贈り物を包んで持って行ってもとっても素敵。

レーヨンは薄くやわらかい手触りが特徴なので、物を包むときにキリッとした結び目は作れませんが、ふんわりやわらかい印象になります。

レーヨンとポリエステルの違い

ポリエステル

ポリエステルはしっかりした布地なので、レーヨンに比べると硬い手触りになります。
レーヨンよりも安価で、洗濯にも気を使わないので気軽に扱えるのが特徴。
普段使い・キリッと結ぶなら断然ポリエステルがお薦めです。

レーヨン

一方、レーヨンは縮緬の着物のような、比較的柔らかく手触りの良い布地です。しかし布地は薄く、荷物をきつく結びあげると伸びてしまい、きつくしてしまった結び目を解くのも大変です。
同じ化学繊維でありながらポリエステルに比べて価格は若干高め。
一昔前は紫色一辺倒だったレーヨンの風呂敷ですが、発色が良いので雅やかな模様がプリントされるなど、最近は女性好みの模様が多いのが特徴です。
贈答用のギフトを包むならレーヨンがお薦めですが、華やかな柄は使うシーンを選ぶので注意が必要です。

綿素材の風呂敷

さて、風呂敷といえば綿素材。
しっかり結べばほどけることも無く、
レーヨンやポリエステルと違って、きつく結んだら結び目が固すぎてほどけなくなって困った!ということもありません。

扱いやすい綿の風呂敷は王道です。

※上記画像の風呂敷は同柄でサイズも各種揃っています

昔は大判の風呂敷といえば「泥棒風呂敷」とも呼ばれてしまっている唐草模様を連想しましたけど、今の風呂敷はモダンですね。

90cm以上の大きな風呂敷の出番としては着物を包むのが一番多いかと思います。
晴れ着などの着物は振袖だけでなく襦袢から下に身に着ける諸々のお道具一式が必要です。
お店に持ち込む際にはそれなりに大きな荷物になるんですが、これを旅行用バッグなどに入れてしまうと着物などがバッグの中で崩れてしまいます。

こんな際には昔ながらの風呂敷を使うのがベスト。なにしろ、バッグと違って、いくつ荷物が増えても大丈夫。
物の形に合わせて包めるのが風呂敷の良さです。

ファッショナブルなストライプの風呂敷も素敵ですが、和柄をカジュアルに・モダンにアレンジした風呂敷もあります。

※上記画像の風呂敷は同柄でサイズも各種揃っています

大きな荷物を包んだり、バッグ型に結んでエコバッグとして使ったり、様々な用途があります。
よく使う風呂敷サイズは50cm前後が多いんですが、袋に入らないものも簡単に包めるので、大きい風呂敷も一枚持っていると重宝します。
同じ柄でサイズ違いを揃えるのも素敵ですね。

綿素材が一番使いやすい?

風呂敷といえば木綿をイメージしますが、風呂敷は綿素材が一番使いやすいのかといえば、実はそうでもありません。

「レーヨンやポリエステルは化繊だから伸びるのよね、やっぱり綿じゃないと。」という話を聞くこともおおいんですが、綿素材といっても薄手から厚手まであって、薄い風呂敷は布の性質上、バイヤス(ななめ)に引っ張ると、やはり伸びやすいのが悩ましいところ。

さらに大きな風呂敷といえば濃紺やエンジ色など濃く暗い色が多いんですが、最近のデザインは明るい色も多いのが特徴です。白や淡い色では中に包んだモノが透けてしまうこともあります。

加えて、洗っていくうちに白っぽく色褪せてきますし、化繊にくらべてシワが付きやすく、糊付け・アイロンがけも必須です。

しかも今どき「綿だから安い」というお値段でもなく、しっかりとした地厚の風呂敷はそれなりのお値段です。

ただ、それでも「結んで使いやすい」といえば間違いなく木綿です。どこへ持って行っても恥ずかしくない柄を一つ持っていると何かと便利ですよ。

まとめ

今は風呂敷もオシャレです。
また、包むなどの本来の用途の他に、飾る要素を加えた風呂敷もあります。

端午の節句だけでなく、ひな祭り、お月見、クリスマスまで揃っています。
季節の行事に合わせて柄を変えて楽しむのも風流で素敵ですね。

家で飾って楽しむなら、タペストリーキットが便利です。

こういった便利なキットを利用すれば、風呂敷だけでなく、お気にいりの柄の手ぬぐいなども気軽に飾れるので、季節の模様替えが楽しくなりそうですね。

以上、四門が風呂敷をご紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加